スピーキングUp方法

これだけの違い!英語を話すコツは基本動詞をイメージで捉える(Put)

投稿日:

 
海外を自由に飛び回る旅人英語コーチ綿貫里美です!!

 
「英語が話せるようになりたい!」と色々と手は付けてやっている。
で、いざネイティブと話す機会があった時に、日本語でならすぐに出てくるんだけど「うーん、英語で言いたいことが言えない」という方はいませんか?
  
日本語では「こう言いたい!」とスッと日本語が出てくるのは、私たちは「日本語感覚」を持っているからです。逆に言うと、英語ネイティブは「英語感覚」を持っているから英語がスッと出てきます。
ですので、私たちの中に、英語ネイティブが持っている「英語感覚」を取り入れることにより、英語がスッと出てくる確立が高くなるということです。
 
  
英語は【主語+動詞】の形で、主語を中心にストーリーを展開させて作っていくのがポイント★

日常会話でネイティブが頻繁に使っているのは「基本動詞」と呼ばれる動詞になります。
この基本動詞を、ネイティブがどんな感覚で捉えてどう使っているのか?を学ぶことで、あなたも言いたいこと言うことが(英文作りも)ラクになってきます!

 

動詞は意味でなくイメージで覚えるべし!

「パソコンが動かない」と言いたい時、どんな英文を作りますか?

英文は【主語+動詞】なので、まずは主語(人・もの)は⇒My computer(私のパソコン)では「動かない」ってどんな英語を持ってきたらよいのでしょうか?「動く:move」を持ってきて「My computer does not move.」でしょうか?
 
  
このように私たちは、どんな動詞を使ったらよいのか分からずに止まってしまう場合がありますよね。
 
  
実際、ネイティブはどんな英文を作るかと言うと…

 

「My computer does not work.」
 
と、”働く”同じworkの動詞を使います。

「Workは働くという意味でしょ、どうして?」と思うかもしれませんが、実はこれが、義務教育でついてしまった悪いクセなんです。
 
私たちは【work=働く】というように、英単語と日本語の意味をがっちりイコールで結び付けて考えてしまった為、一つの発想しか出来なくなってしまっているのです。

 
では、ネイティブはworkをどう捉えているかというと、

【work:機能を発揮するというイメージ】でworkを捉えています。
 意味ではなくイメージで捉えています。

 
【work:機能を発揮するというイメージ】で捉えているので、人だけでなく、物や道具、機械が機能を発揮して動く⇒作動するという意味になり、パソコンが機能(作動)しないで「My computer does not work.」とworkを使うのです。

このように、英単語を日本語での意味でがっちりイコールで結びつけるのではなく、ネイティブのように、英単語をイメージで捉えられるようにしていくと、英文作りの幅が広がってきます★

では、早速「Putのイメージ」を見ていきましょう♫

  

Putのイメージを掴もう!

義務教育では、『Put=置く』とイコールで覚えましたが、

 

『Putのイメージは、何かをどこかに位置させる』イメージ★

Putは、位置させるものは物に限らず人でもよく、位置する場所も何処でもOKです。
では早速、Putをイメージで捉えながら英文を見ていきましょう!

  
【何かどこかに位置させる⇒置く・入れる】
◆I put my bag on the sofa.
(ソファーにバックを置いた)
◆She put an orange juice in the fridge.
(彼女はオレンジジュースを冷蔵庫に入れた)
◆She put some milk in her tea.
(彼女はミルクを紅茶に入れた)

⇒putは、「何を」「どこに」と必ずこの2点が英文作りに必要になります。

   
【何かをどこかに位置させる⇒貼る・掛ける・付ける】
◆My mother put a calendar on the wall.
(母はカレンダーを壁に貼った)
◆He put a clock on the wall.
(彼は時計を壁に掛けた)
◆She puts a pretty on her blouse.
(彼女はブラウスに可愛いブローチを付けている)
                                                             
⇒Putを、「何を」「どこに」位置したにより、「カレンダーを壁に位置させる⇒貼る」、「時計を壁に位置させる⇒掛ける」、「ブローチをブラウスに位置させる⇒付ける」と表現が変わります。

  
【物以外をどこかに位置させる】
◆He put pressure on us.
(彼は私たちにプレッシャーをかけた)
◆He put the blame on his business partner.
(彼はビジネスパートーに責任を負わせた)

⇒Putは物だけではなく、プレッシャーや責任など目に見えないものを、位置させることも出来ます。

 

 

PutとSetを使い別けよう!

◆Putのイメージは:「何かをどこかに位置させる」に対して、
◆Setのメージは:「定められた位置に据える」です。

「これらのお皿を並べて」とお願いする時に

「Could you put these dishes on the table?」とputを使うと⇒数枚のお皿を無造作に置くという意味合いになります。

「Could you set these dishes on the table?」とsetを使うと⇒定められた位置にお皿をきちんと置くという意味合いになります。

 
また、目覚ましのアラームもセット(設定)する時は定められた時間が決まっているので、We have to set the alarm for seven o'clock. (私たちは7時にアラームをセットしなければならない)

太陽が沈むことをサンセットと言いますよね。太陽は必ず西(定められた位置)に沈むことから、The sun will set soon.(太陽はすぐに沈むだろう)とsetが使われます。

 

 

Putのイディオム♡女性が使うput on~を使いこなそう!

お化粧のように、身につけるものには wear や put on を使います。
◆put on:~をするという行為・動作に重点をおき
◆wear:~をしている、~を付けている状態に重点をおいています。

  
【行為・動作に重点をおく:Put on】
◆She always puts on makeup.
(彼女はいつも化粧をする)
◆You have to put on sunscreen.
(あなたは日焼け止めを塗らなきゃ)
◆I put on lipstick for the party.
(パーティー用に口紅を塗った)

  
【状態に重点をおく:Wear】
◆I wear makeup every day.
(私は毎日化粧をしている)
◆I'm not wearing makeup today.
(今日は化粧をしていない/今日はスッピンだ)
◆She is wearing mascara today.
(彼女は今日、マスカラをしている) 
 

他にも、wear / put onは様々なものをつける時にも使えます。

facial lotion(化粧水)・beauty essence / essential cream(美容液) Foundation(ファンデーション) eye shadow(アイシャドウ) lipstick(口紅)lip balm(リップクリーム)lip gloss(グロス) blush(チーク)false eyelashes(つけまつげ)mascara(マスカラ)

 

まとめ

 

『Putのイメージは、何かをどこかに位置させる』イメージ★

Putは、位置させるものは物に限らず人でもよく、位置する場所も何処でもOKです。

Put本来の動詞のイメージが掴めるようになると、

◆My mother put a calendar on the wall. (母はカレンダーを壁に貼った)
カレンダーを壁に位置することから「貼る」と発想出来たり

◆He put pressure on us. (彼は私たちにプレッシャーをかけた)
プレッシャーを私たちの上に載せる(位置する)ことから「プレッシャーを掛ける」と発想出来たりしますよね。

 
イメージを掴むことにより、『Put=置く』だけでなく、様々な表現を分かるようになりますし、あなた自身も言いたい英文を基本動詞を使って作ることが出来るようになります♫  

 
英語は【主語+動詞】の形で、主語を中心にストーリーを展開して作っていくのがポイント★誰が、何をするのか?でストーリーが決まるので、いかに動詞を使いこなせるのか?が重要になります。
 
その為にも、まずは基本動詞をイメージで捉えていくことにより、シンプルな英語で言いたいことが言えるようになってきますので、しっかりイメージで捉えていきましょう♫
 
  
◆英語を話す人に共通する「言いたい事を言える」7つの英文作りのコツ!はこちら:
 http://satomi-map.com/seven-steps-top/

 

「英語を話せる状態」になるには、自分の言いたいことを言えるようになるだけでなく、あなたから相手に質問をして会話を広げられる『質問力』、相手の言っていることを聞き取り・理解する『リスニング力』も必要になってきます。
これらの【英語を話す為の3つの土台作り】については、こちらで詳しく書いています。無料なので良かったらどうぞ~!

クリックして詳細を確認★

-スピーキングUp方法

Copyright© シンプルだけど相手の心をぎゅっと掴む英会話 , 2018 AllRights Reserved.