スピーキングUp方法

ネイティブフレーズは捨てろ!スピーキング上達でまず取組むべき事

投稿日:2017年7月20日 更新日:

 

海外を自由に飛び回る旅人英語コーチ綿貫里美です!!

「ネイティブが口語でよく使う表現!」と聞くと、使えたらカッコイイな!よし覚えよう!と、

どんどんネイティブ表現を増やしていく。こういう方もいるかと思います。

ネイティブ表現を増やすことは決して悪いことではありません。

 

ですが…もしあなたが今、外国人と英語でコミュニケーションを上手く取れていない状態であれば、

取組むべき順番が違います!!

 

ネイティブ表現とは?

例えば…「~へ行く」は「go to~」と覚えましたが

I’m going to the market.

◆I’m off to the market.

◆I’m heading to the market.

I'm off to ~ / I head to ~ どちらとも「~へ行く」という意味で、ネイティブが口語で使っている表現を「ネイティブ表現」と言っています。

 

 

英語初心者にとってネイティブ表現は難しい

以前、オーストラリアの職場で一緒に働いていた英語初心者の日本人女性Cさん。

彼女は、とにかくネイティブ表現にこだわって覚えていたんです。

「~へ行く」を使う時はI’m going to ~じゃなくて「I’m heading to ~」の方を使う。

「ゆっくりする」を使う時はI’m relaxing at home.とrelaxを使わずに敢えて

I'm chilling out at home.と chill outのネイティブ表現を使うとか。

でも、Cさんは英語初心者。相手に質問されると何とか答えるがやっとの状態。

  

例えば、「仕事終わってどうすの?」と聞かれ…

「I’m going to ~」の表現なら使い慣れているからすぐに出るけど

せっかくだから、ネイティブ表現を使いたいと「~へ行くのアノ表現って何だっけ?」と

頭の中でグルグル探しながら「そうだ!」と少し間を空けて「I’m heading to the market.」と答える。

そんな彼女でした。

 

新しく覚える単語と一緒でネイティブ表現も、何回も自分で使ったり、何回も実際に耳にしないと覚えられなんもんなんです。5~7回、その単語や表現に出会わないと人間は覚えられないと言われている位なので使い慣れていなければ、やっぱり口からはパッとは出てこないんですよね。

 

Cさん立場からみればネイティブ表現を使いたいから少し間を空けてでも「I’m heading to~」を使いたい。(自分は言葉を探すのに精いっぱいでこの数秒の”間”は本人は気付いていない)

こんなCさんを、逆にネイティブはどう見ているのでしょうか?

 

 

ネイティブはネイティブ表現を気にしていない

Cさんは、ネイティブ表現を使おうと必死ですが、でも相手からしたら「I’m going to ~」「l’m heading to~」でも正直どっちでもいいんですよね。

だって、相手はネイティブ。ネイティブがゆえに、どれがネイティブ表現なのかなんて本人たちは意識していないです。

「仕事の後に何をするの?」とコミュニケーションの一部でCさんに話をして、

彼女がどちらの表現を使うかどうかは全然関係なく、

それよりもむしろ、マーケットに行くのが分かったら「何買う予定なの?」とか

「今日は何かスペシャルな料理作るの?」とかそんな会話を望んでいるはず。

これがネイティブ側の感覚です。

 

それなのに、一発目の質問で待たされたりしたらどうでしょう?

 

英語はコミュニケーションのツール

確かに、Cさんの、ネイティブ表現は義務教育では習っていないから新鮮だしカッコ良くも感じる。だから出来ればネイティブ表現を使いたいその気持ちも分かります。

*難しい単語を覚えたい!

*ネイティブ表現を覚えたい!

覚えることが目標であれば好きなだけ覚えたらいいと思います。

 

でも、「英語でコミュニケーションを上手く取れるようになりたい!」というのが目標であれば、

ある程度、お互い良いテンポを保ちながら会話をしていくのが自然なコミュニケーションです★

 

なので、すぐにパッと出てくる表現があるなら、間を空けてネイティブ表現を探すのではなくパッと出てくるシンプル表現を使って答え、

相手から質問されるだけなく、自分でも質問力を身に付けてどんどん質問して会話を広げられた方が、コミュニケーション力はどんどん上がっていきます。

 

 

英語はステップを追って上達させていこう

まずは、シンプル英語&シンプル質問で良いテンポで会話が出来るレベルを目指し、そのレベルまで行って、今使っている自分表現はちょっと単調になってきたな?と感じたら、難しめの単語・表現を覚えたりネイティブ表現を覚えたりして、さらに自分の英語の引き出しを増やなどして、少しずつステップアップさせていきましょう。

無理に最初から、ネイティブと互角な英語力を目指す必要はないんです!

 

まとめ

Cさんも結局、最後には自分で気が付いたようでした。

ムリして、今の段階で難しい表現やネイティブ表現を使うより、相手と笑い合ったり、シンプル英語でも会話をいっぱい交わした方が、相手との距離も近くなってよっぽど楽しいということに♡

だから、あなたもまずは

*難しい単語・表現よりも…

*ネイティブ表現よりも…

*ネイティブレベルの英語力よりも…

まずはシンプル英語でコミュニケーションが楽しくテンポよく取れるところを目指していきましょう♫

 

オーストラリアで9年間世界各国のお客様と接してきたこそ分かる

英語圏の人の心理もとにしたシンプルだけで相手の心をギュッと掴む英会話術★

【英語を話す為の3つの土台作り】ついて、英語初心者さん向けに

こちらで詳しく解説しています。無料なので良かったらどうぞ!

クリックして詳細を確認★

-スピーキングUp方法

Copyright© シンプルだけど相手の心をぎゅっと掴む英会話 , 2018 AllRights Reserved.