スピーキングUp方法

英語を話す人に共通する「言いたい事を言える」7つの英文作りのコツ!

投稿日:2017年7月30日 更新日:

海外を自由に飛び回る旅人英語コーチ綿貫里美です!!

「英語が話せるようになりたい!」と色々と手は付けてやっている。
で、いざネイティブと話す機会があった時に、日本語でならすぐに出てくるんだけど「うーん、英語で言いたいことが言えない」という方はいませんか?

 
日本語では「こう言いたい!」とスッと日本語が出てくるのは、私たちは「日本語感覚」を持っているからです。逆に言うと、英語ネイティブは「英語感覚」を持っているから英語がスッと出てきます。
ですので、私たちの中に、英語ネイティブが持っている「英語感覚」を取り入れることにより英語がスッと出てくる確立が高くなるということです。

 
今回は、TOEICなどのスコアを上げたい人ではなく、「英語で言いたいことが言えるようになりたい人」向けに、「ネイティブの英語感覚を掴みながら英文を作る7つのコツ」を書いていきます。

 

英文を作る7つのコツ

【英文を作る7つのコツ*前半】

コツ①:英語と日本語の大きな違いを理解する!
コツ②:英語の文型はコレだけは覚えるべし!
コツ③:日本語感覚を捨てて英語感覚で英文を作る!
コツ④:主語を強く意識するべし!
 

【英語を作る7つのコツ*後半】

コツ➄:動詞は意味でなくイメージで覚えるべし!
コツ⑥:まずは基本動詞を抑えるべし!
コツ⑦:英語を英語のまま(語順のまま)理解するクセを甘く見るな!

 

 
「色々勉強しているけど…なかなか話せるようにならない…」と悩んでいるあなた!
そもそも【英語を話す為の土台作り】はしっかり出来ていますか?
土台作りに必要な3つをそれぞれステップ毎に、英語初心者さんに分かりやすいように解説しています。30日間のメールレターは無料なので、良かったらどうぞ~

クリックして詳細を確認★

-スピーキングUp方法

Copyright© シンプルだけど相手の心をぎゅっと掴む英会話 , 2018 AllRights Reserved.