英会話の3つの基礎

how to speak



イキナリ英会話を始める前に…
どうやったら話せるようになるか、
そのメカニズムを考えた事はありますか?


日本語も英語も会話とは、
相手の話を"耳"で聞いて、"頭"で理解し、
それについて返答、又は質問を"口"に出す、
この繰り返しです。


「英語を話す」イコール
耳、頭、口…これら全てが動いて
「話す」という行為に繋がります。



それなのに例えば、文法書を買って勉強する。

文法が分かっていても、いざ話す時に口から
パッと英語が出てこない…というのは、

"頭"が鍛えられていても、"口"に出す部分が
鍛えられていないから、話す事が出来ないのです。



耳、頭、口、
この3つをバランス良く鍛えていく必要があるのです



teacher


そして、英語を話せるようになりたい!と思うと…

「やっぱりネイティブの先生だよね!」
と、ネイティブの先生にこだわって
英会話を習い始める方も多いかと思います。

英語を上達するにはネイティブと話すこと。
これは間違いないです!!


でも、ネイティブと話す練習をするのは、
実はもうちょっと後がいい。


まず「英会話の基礎」という土台があった上で、
彼等から豊かな表現力を学ぶと、
英語は確実に上達する。


そう、順番が大切なんです。



飛行機1


英語力ゼロに近いけど、海外に行って、
英語環境に身を置いたら
自然と喋れるようになるさ!

10年前、そんな想いでオーストラリアで
働き始めた頃、周りがオーストラリア人
という最高の環境にも関わらず、

半年経っても英語が聞き取れない、
言いたい事が言えない…という悲しい現状。

まさに私は順番を過ったのです。



やばいっ!
どうやったら話せるようになるんだろう??
何か方法とか法則ってあるんじゃない??


必死に探していた時に教えてもらった、
知っていたようで実は本質を理解していなかった
【英会話の3つの基礎】

three basics

耳、頭、口、この3つをバランス良く鍛えて
土台を作る【英会話の3つの基礎】とは…



●【発音】

カタカナ発音でちょっと自分カッコ悪いな~と
思っていた程度で完全に軽視していた発音。

例えば”R”。適当に舌を巻き気味にしていただけだけど、
口の開け方・舌を置く位置、空気の出し方を習うと、

今まで何度も言わないと通じなかった単語が通じるようになった!

音には、”自分が正しい音が出せると相手の音が聞き取れる”
という法則があって、キレイな発音になるだけでなく、
聞き取りも少しずつ伸びていった。

→耳・頭・口のうち、耳と口の両方が鍛えらる。


●【英語脳を作る】

ついつい、言いたい事を日本語で考えて、
それを直訳して英語に置き換えてしまうクセがあった。
ワンクッションおく状態だから口に出すまで時間が掛かる。

でも、英語ならではの”文章構成の法則”を知ってから、
英語って意外とシンプルなのね!と
簡単な英文が組み立てられるようになっていった。

結局相手も同じ文章構成で話してくるので、
聞き取り、理解力も伸びていった。

→耳・頭・口のうち、頭と耳が鍛えられる。



●【口に出す訓練】

言いたい事を実際に口に出すには訓練が必要と教わった。
単語力も少ないし、普段からどうやったら英語を
口に出す訓練が出来るんだろう?…と思った時、
一番身近にそれがある事に気づいた。

そう私達の普段の何気ない会話は
【質問→応答→質問→応答】の繰り返し。


この簡単な質問のバリエーションを幾つか覚えると、
それだけで自然と会話が広がるから、
英語を口に出する機会がグーンと増えた。

”質問の形”というも決まっているから、
それを覚えるだけでも全然違う。

→耳・頭・口の全てを鍛えられる。



私はこの【英会話の3つの基礎】を学んでから、
少しずつ英語が話せるようになり、楽しくなりました。


talk


そこからは、ネイティブと話す中で、
こんな時はこういう表現をするんだ!
こんな言い回しが出来るんだ!
と、プラスαを学んでいきました。


耳、頭、口…を上手く鍛え、まず一番最初に
【英会話の基礎(ベース)】を作る事が、
遠回りせずに英語が話せるようになるポイントです。

そのベースが出来た上で、ネイティブから
英語を学ぶと(英会話教室やスカイプ英会話など)
英語力はどんどんアップしていきます。



人との出会いで価値観が変わる事があるように
【英語】も、今まで自分がやってきた物と違う方法に
出会うことで、英語の捉え方・向き合い方が変わる事もあります。


もう一度、新しい感覚で【英会話の基礎】学んでみませんか?


投稿日:2015年3月18日 更新日:

Copyright© シンプルだけど相手の心をぎゅっと掴む英会話 , 2018 AllRights Reserved.